相続税還付のご案内

  1. ホーム
  2. サービス
  3. 相続税還付

相続税の評価に誤りがあり、税額が過大であれば、税務署に交渉し、過分に納めた税金が戻される場合があります。

過分な相続税の実態-

相続税に疑問をもたれた相続人からの依頼で、見直した結果90%ほどの件数に過分な評価が散見され、
30%~50%の還付金がありました。
今まで約200件(実例参照)ほどの実績を積んできました。沖縄の例は50%もの税金が還付されました。

相続税-

生涯で1番高い税金です。相続税申告で1番肝心なのは、遺産の適切な評価です。
各種遺産の評価が算出されれば、相続税は機械的にでますが、現実にはその評価がどのように計算されるかが問題です。

相続税の見直し-

土地の評価で、疑問に思われた土地はありませんか?
過大評価の場合、再評価による減税、還付申請が可能です。

二次相続対策-

後顧の憂いのある方は、今すぐに!相続税を見直し、
二次の際には、その評価を適用することにより固定資産税の減税と伴に節税になります。

生産緑地を選択-

いつ何時、農業をやめざるを得ない事態を招きかねません。
その時に相続税、及び利子を払はなければなりません。
その事態に備え、今評価減をしておくのが肝要です。

---相続を成功させる為には生前対策と専門家にご相談下さい。--



料金について

着手金30,000円 + 成功報酬額となっております。
(詳細は料金を参照)。

相続税還付診断

相続税が還付される可能性を判定致します。
簡単な質問に答えるだけで、何パーセント還付の可能性があるかわかります!

1.相続税を納付してから何年経過していますか?
2.資産に含まれる土地の数はいくつですか?
3.以下に該当する土地を1つでも所有していますか?
  • 騒音、振動、悪臭など周囲の住環境が悪い
  • 500㎡以上の青空駐車場・田・畑
  • 土地の中の一部が私道・通路となっている
  • 形がよくない、あるいは正方形・長方形ではない
  • 建物を2棟以上建てている
  • 道路に接していない、あるいは少ししか接していない
  • 面している道路に高低差がある
  • 空中に高圧電線が通っている
  • 傾斜や一部崖になっている
4.相続税申告を依頼した税理士に以下のことが1つでも該当しますか?
  • 相続税専門の税理士ではない。
  • 土地をどのように評価計算したのか十分な説明を受けなかった。
  • 土地の現地調査又は役所調査を行っていない。
  • 相続税申告書が手書きである。